お久しぶりです

気が付けば一か月もサボってしまいましたが、

相変らず目についた鳥さんは何でも撮っていました。

 

ウミウ

image13019

ヒメウ

image13060

オオハム

image13056

ハジロカイツブリ

image13059

カンムリカイツブリ

image13028

image13029

アカエリカイツブリ

なかなか観察できるチャンスに恵まれない鳥さんですが、

これまでの中では、一番良い観察条件でした。

image13058

ミミカイツブリ

この鳥も観察機会は多くないですね。

外海という条件の中では、これ以上の写真はなかなか望めないでしょう。

image13057

この冬はカモメ類も少なかった気がします。

私の観察エリアではあまり数の多くないユリカモメが、大形カモメ類の中に一羽だけ交じっていました。

image13035

オオセグロカモメ

ヒラメかカレイのようですが、なんとも食べにくそうです(笑)

もう少し飲み込みやすい魚を捕まえればよさそうなものですが、

拘りがあるのでしょうか?

image13031

ちょっかいをだす鳥さんも・・・

image13032

image13033

シロチドリ

image13034

コアオアシシギ→アオアシシギ

おそらく越冬個体だと思います。

image13044

カワセミ

image13022

image13021

image13023

image13024

オシドリ

image13020

タヒバリ

image13036

オオジュリン

image13026

image13027

アオジ

image13002

カワラヒワ

image13038

シメ

image13039

アトリ

image13040

image13041

カシラダカ

image13004

image13037

image13005

シロハラ

image13007

マミチャジナイ

image13003

image13006

アカハラ

東の地域では多数派の鳥さんだと思いますが、

こちらではとても数が少ないですね。

シロハラ数百羽に一羽が交じる程度でしょうか?

image13008

image13009

image13010

ヤマガラ

image13042

メジロ

image13043

マナヅル

image13030

ノスリ

image13014

image13012

ケアシノスリ

これまで証拠写真しか撮影したことがありませんでしたが、

ようやく撮影チャンスに恵まれました。

image13045

image13046

image13047

image13048

名前の由来でもある、毛むくじゃらの脚です。

image13049

image13050

image13051

image13052

image13053

image13054

image13055

チュウヒ

image13011

image13013

コチョウゲンボウ

image13017

チョウセンチョウゲンボウ

私にとっては7年ぶりの出会いだったのに、

確認のため写真を撮った時には、ただのチョウゲンボウと思い込んで、

遠くから撮影しただけで止めてしまいました。

確かに色の綺麗な個体だなと思ったのですが、

猛禽は私の主要な撮影対象ではないので、別亜種の存在をすっかり忘れていました。

あぁ~情けない・・・・

image13016

image13015

おまけのイノシシ

image13018

広告
  1. #1 投稿者: kanaconnie (2016年3月17日 - 23:24)

    演説をしているようなウミウ、吹き出しをつけたくなる4コマ漫画のような食いしん坊のオオセグロカモメ…おもしろい。
    カワセミは案外ずっくりむっくりだし、桜かなピンクの花と小鳥たちは文句なしにきれいで可愛いです。
    そしてケアシノスリ!すごい!ダイナミック大迫力!「けあし」もバッチリくっきりですね〜♪
    今日も楽しませていただきました。ありがとうございます。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2016年4月5日 - 21:55)

      kanaconnieさん、こんばんは♪
      カワセミの体形は、お世辞にもスマートではありませんね。
      飛ぶのはそれほど得意という感じではありませんが、
      水の抵抗を減らすのには都合が好いのだと思います。
      ケアシノスリはお食事中だったので、
      至近距離で楽しませてもらえました(^^)

  2. #3 投稿者: wakasahs15th (2016年3月17日 - 23:28)

    こんばんは(●^o^●)
    圧倒的に珍重が多いです(@_@)ウミウは鵜飼いで大活躍のウミウですね?ユリカモメは貴地では少ないのが驚きです。故郷(若狭)の海に行けばいっぱいです。ヒラメ、カレイは食べにくくても美味しいのが理由かもです。私の大好きな魚です(^_-)-☆ちょっかいを出されると喉に詰まってしまいそうですね。ほかの場所に移動してゆっくり食べたらいいのに、、、。カワセミも大きな魚を銜えてますね(@_@)私もこんな場面を撮りたいです(^^)/ケアシノスリは本当に毛むじゃらなんですね(@_@)最後に登場のイノシシには驚きました(@_@)人馴れしていますね。

    • #4 投稿者: アカショウビン (2016年4月5日 - 22:06)

      wakasahs15thさん、こんばんは♪
      鵜飼いの鵜は、カワウではなくウミウのようですね。
      見分けがつかないほどよく似ていますが、
      ウミウの方が魚に傷がつきにくいのだとか・・・
      こちらでカモメといえば、9割くらいがウミネコです。
      この冬は同じような場所にしか出かけなかったので、
      ユリカモメはこの一羽だけしか見ませんでした。
      イノシシは警戒心が強かったですよ。
      車の中からそっとカメラを向けたのですが、
      あっという間に逃げていきました。

  3. #5 投稿者: agehamodoki (2016年3月17日 - 23:59)

    海から山・田んぼと違ったシチュエーションの鳥をたくさん並べられましたね。
    ウミウ、ヒメウともに撮影機会は少ないです。と言うより真剣に探していないかも。
    オオハムはいつももっと遠いです。白パッチで識別できる程度かな。
    カイツブリ4種ではやっぱりアカエリが少ないかな。
    ミミは見に出かけましたが、やっぱり超遠かったです。
    オオジュリンの頭が黒くなっていますね。季節の移ろいを感じます。
    色々なツグミを見たけどマミチャは見ていません。年によって波がありますね。
    そちらにお邪魔した時にケアシノスリも見たかったのですが・・・・
    コチョウゲンボウ、可愛いですね。シーズン初めに人気でしたが
    その後姿を見なくなりました。騒ぎ過ぎですよね。
    チョウセンチョウゲンボウですか?知らない「亜種」です。
    色々勉強させていただきます。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2016年4月5日 - 22:22)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      ウミウは少なくはないとは思うのですが、
      どこでも見られるカワウに比べると、
      観察場所はかなり限定的ですね。
      アカエリカイツブリは観察機会が少ないですね。
      ミミのほうは、小さいうえにハジロカイツブリとよく似ているので、
      遠かったらお手上げです(^^;
      マミチャは昨年も少なかったですが、
      今年は数も僅かなうえ、すぐに抜けてしまいました。
      コチョウゲンは真冬には見かけませんでしたが、
      私が気が付かなかっただけなのでしょう。
      電線以外を見つけられなかったのが心残りです。
      チョウセンチョウゲンボウは、羽の斑が小さくて、
      普通種より色鮮やかに見えるような気がします。

  4. #7 投稿者: abend (2016年3月18日 - 19:40)

    こんばんは。
    なんでこんなにカッコよく撮れるのでしょう。
    ツルまで撮れるなんて良いな~。
    ウリ坊も可愛い事。

    • #8 投稿者: アカショウビン (2016年4月5日 - 22:25)

      abendさん、こんばんは♪
      本州へ飛来するツルはとても少ないですが、
      毎年のように何かしらのツルが見られるのは恵まれていると思います。
      昨冬は、豊岡で越冬したソデグロヅルが人気でしたね。

  5. #9 投稿者: superkamui (2016年3月18日 - 20:06)

    オオセグロカモメは高級魚をゲットしたようですね。よく喉にひっかからないですね(笑)フキダシをつけたくなるような滑稽な場面ですね(^^)

    ずんぐりカワセミ、可愛いです♬こちらも大物をゲットしたようで…愛嬌たっぷりですね。アカハラも大物をゲットしましたかね(^^)

    アオジ、黄色くなってきましたね。警戒心も薄くなってきましたでしょうか。繁殖期に警戒心が薄くなるというのはとても不思議ですね…。オオジュリンも黒くなってきましたね。あと3週間ほどしたら、こちらに到着するはずです、首をながーくしてお待ちしています(^^)

    • #10 投稿者: アカショウビン (2016年4月5日 - 22:44)

      superkamuさん、こんばんは♪
      オオセグロカモメは獲物を飲み込めたかどうか分かりませんでした。
      インパクトでは劣りますが、
      アカハラもセンダンの実を飲み込むのに、かなり苦戦していましたよ!
      カワセミも魚だけでは飽き足らず、
      エビまで食べるとは・・・グルメですね。
      アオジは今季初めての出会いでした。
      地元に飛来する個体は少ないこともあって、
      私にとって観察機会はそれほど多くないですね。
      この冬はシベリアジュリンや、シラガホオジロよりも見ていないです(笑)

  6. #11 投稿者: 通りすがり (2017年3月23日 - 13:10)

    コアオアシシギ→アオアシシギです。

    • #12 投稿者: アカショウビン (2017年3月27日 - 17:31)

      通りすがり さん、こんにちは♪
      わざわざ、ご指摘ありがとうございます。
      確かにアオアシシギが正解ですね。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。