飛びそうなものなら撮ってみよう!

この時期お山へ行くと、ヤマアジサイが咲き乱れています。

image13230

そしてマタタビの独特な香りも立ち込めています。

image13232

目まぐるしく変わるお天気で、ほとんど鳥さんは撮影できませんでしたが、

今年はホトトギスに縁があるようです。

image13231

そしてこちらはホトトギスと同じ仲間のセグロカッコウです。

真黒なシルエットになってしまいましたが、撮影できたのは初めてのことなので嬉しかったです。

いつか、尾羽の黒帯が見える写真を撮りたいものです。

image13233

日本ではこれまでに繁殖確認はされていない鳥ですが、

当地では5月から8月頃まで鳴き声を聞くので、間違いなく繁殖しているものと思われます。

カッコウやホトトギスの仲間は巣を持たず、ほかの鳥の巣に卵を産んで育ててもらう特異な鳥ですが、

これらの鳥が多いことは、それだけ沢山の小鳥が生息している指標でもあります。

 

セグロカッコウの托卵先は、主にオウチュウという鳥だそうですが、

日本では極めて稀にしか観察する機会のない鳥です。

もちろん、当地でオウチュウが繁殖することはありえませんので、

どんな鳥に托卵しているのか興味深いところです。

山々の尾根沿いに行動し、低い場所には下りない点はツツドリに一番近いので、

ムシクイ類に托卵しているのかもしれません。

 

鳥があまり撮れなかったので蝶を撮影してみました。

おそらくジョウザンミドリシジミだと思います。

image13228

ミドリシジミの仲間はとても人気が高いようで、

たまに野鳥撮影と同じような装備で蝶ばかりを撮影されている方を見かけます。

マクロ撮影のように見えると思いますが、目線より高い位置にしかとまらなかったので、

1円玉と同じくらいの大きさの蝶を6m以上離れた場所から撮影しています。

この時期はあまり昆虫には目を向けてませんでしたが、

これほど美しい蝶を一度撮り始めると、はまってしまいそうです。

image13229

羽は付いていないですが、この子もきっと飛べるはず!

ムササビです。

image13227

広告
  1. #1 投稿者: wakasahs15th (2016年6月22日 - 07:44)

    お早うございます(^^♪
    仰るようにホトトギスが良く登場しますね。セグロカッコウと共に凄いです(^^♪ブルーの羽を蝶は初めて見ました。緑の中に映えて宝石のようです(^_-)-☆ムササビがちょこんと顏を出して可愛いですね~~~。

    • #2 投稿者: アカショウビン (2016年6月26日 - 20:44)

      wakasahs15thさん、こんばんは♪
      例年ホトトギスの写真は一度でも撮れればよい方ですが、
      今年は苦労せずして撮れています。
      蝶は時期や場所も限られますから、
      一度入り込んだら深い迷宮から抜け出せなくなりそうですね。
      この蝶が見られるのはあと一月ほどでしょうか?
      美しいものは儚いです。

  2. #3 投稿者: koyuki (2016年6月22日 - 14:07)

    ジョウザンミドリシジミ美しいですね~
    ゼフにはなかなか出会いがありませんし知識も
    ありません^^
    私が蝶で証拠写真らしきものを残せたのは37種位ありました。
    シジミ蝶はホントに小さくて翅を開いてるのを写真に残すのは
    難しいですね。鳥枯れの時は蝶で(チョウチョウ)二刀流で
    楽しませて下さいませ。

    • #4 投稿者: アカショウビン (2016年6月26日 - 20:59)

      koyukiさん、こんばんは♪
      今年は鳥さんが少ないので、早くから横道にずれ始めました。
      私も蝶の知識はほとんどありませんが、
      綺麗だったので撮ってみただけです。
      日中は鳥さんが撮りにくいですから、
      蝶に目を向けるのも悪くないかもしれませんね。
      この蝶は翅を閉じている写真を撮る方が難しそうです。
      何しろとまって1、2秒で翅が全開になるので・・・

  3. #5 投稿者: superkamui (2016年6月22日 - 21:19)

    園芸種のアジサイも綺麗ですが、野生のアジサイは透明感があるというか、とても清楚ですね☆ホトトギスもセグロカッコウも、札幌には分布しておりません。いずれにしても、囀りが無ければ私には識別至難の業です(^^;)ジョウザンミドリシジミ!!美しいですね✨私自身は蝶は疎いのですが、実は私の弟が蝶博士(←koyukiさん公認ですが、あくまでも素人。趣味レベルですが~笑)なのです(^^;)ムササビも北海道に居ません。リスの仲間なんですよね。とても可愛い顔してますね(^o^)

    • #6 投稿者: アカショウビン (2016年6月26日 - 21:24)

      superkamuiさん、こんばんは♪
      野生のアジサイは、花が小ぶりですし豪華さはありませんが、
      白い花の多い山の中では、華やかな彩りに目を奪われます。
      カッコウやホトトギスの仲間は、幸いにも鳴き声が違うので、
      鳴けばすぐにわかりますが、米粒写真やシルエットだと識別できないですね。
      特にカッコウとツツドリは鮮明な写真でも識別できる自信がありません。
      セグロカッコウは鳴きながら飛んでくれたので、
      こんな写真でも信頼度は100%です!
      蝶はたまたま目についたので撮影してみたのですが、
      ミドリシジミの仲間が地元に分布していることが確認できて、
      嬉しかったです。
      ムササビはリス科のようですね。
      当地ではリスは絶滅状態ですので、可愛い姿が見られて癒されました。

  4. #7 投稿者: agehamodoki (2016年6月24日 - 10:12)

    コンニチハ♪
    ホトトギスに縁があるというのが羨ましいです。
    こちら結局「声」しか聞けませんでした。
    セグロカッコウ・・・名前しか知りません。
    フツーのカッコウでいいから良い格好のカッコウを獲ってみたいです。
    ゼフィルス(ミドリシジミの仲間)は美しいです。飛ぶ宝石ですね。
    近くの里山で見かける機会は無くなりました。
    まして開翅ポーズを撮るのは至難です。
    ムササビも近場にはいないと思います。
    知らないだけでしょうか?!

    • #8 投稿者: アカショウビン (2016年6月26日 - 23:12)

      agehamodokiさん、こんばんは♪
      今年は他に撮る鳥がないので、ホトトギスがに縁があるのかもしれません。
      ツツドリも例年よりかなり少ないですし、
      カッコウは一度声を聴いただけです。
      セグロカッコウの鳴き声だけは、子供のころから馴染みがありました。
      私にとっては普通のカッコウの方が鳴き声を聞く機会が少ないです。
      開けた場所が少ないので好みではないのでしょう。
      ムササビは今回初めての出会いです。
      夜行性なので詳しくはわかりませんが、
      意外と身近に生息しているのかもしれませんね。

  5. #9 投稿者: kanaconnie (2016年6月25日 - 22:36)

    蝶々、きれいですね!青い鳥だけじゃなく青い蝶もなんだか幸せになれそうです。
    細かい毛までしっかり見えますね。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2016年6月26日 - 23:18)

      kanaconnieさん、こんばんは♪
      とても小さくて見落としそうな蝶ですが。
      綺麗で一目見るだけで幸せになれました。
      光沢感があり、カワセミを初めて見たときの記憶が甦ります。

  6. #11 投稿者: ❤ちえたん (2016年6月30日 - 18:23)

    アカショウビンさん♪
    ヤマアジサイ、綺麗ですよね^^
    庭に咲くアジサイより、ちょっと小ぶりで
    控えめな感じが私に通ずる~~(なんちゃって?笑)
    お花や虫って、綺麗な背景でくっきり撮ると絵になりますね^^
    モリバヤシにて、何度か挑戦しましたが
    blogにアップ出来る程綺麗には撮れませんでした(汗)
    セグロカッコウという鳥が居るんですね。
    尾羽に黒帯が見れる・・・・その姿見てみたいです^^
    一緒に鳴き声も聴いてみたいなぁ・・・・・(-。-) ボソッ
    ミドリシジミ、きっと超小さいんでしょうね。
    淡いブルーが美しい蝶ですね^^
    お顔だけピョコンと出したムササビ♪
    蝦夷リスみたいで可愛らしいですね^^

    • #12 投稿者: アカショウビン (2016年7月10日 - 19:36)

      ❤ちえたんさん、こんばんは♪
      ヤマアジサイのシーズンはもう終わってしまいましたが、
      白い花が多い森の中では、目を惹きますね。
      近くから見ると花が不ぞろいだったり、葉が虫に食われていたりしますが、
      それこそが本来の姿なのだと思います。
      森の中は見た目以上に暗いので、何を撮影するにしても難しいです。
      シジミチョウの仲間は、どれも小さいですね。
      ヤマトシジミやベニシジミなどはどこでも見られますから、
      一度撮影してみたらよいと思います。
      ミドリシジミの仲間は観察期間がとても短いですが、
      一般的なシジミチョウは秋には沢山見られますよ!
      セグロカッコウは鳴き声を聞くだけでもハードルは高めですね。
      ただ一日中良く鳴くし、とても目立つ鳴き声なので、
      一度聴いたらすぐにわかると思います。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。