秋近し

今年は猛暑予想もありましたが、梅雨明けしてからは秋の初めのような爽やかな天気が続きます。

日中は30度を僅かに超えることもありますが、

朝晩は日によっては15度くらいまで下がり肌寒く感じることもあります。

 

お山の方は繁殖シーズンもそろそろ終わりなので、

鳥たちの囀りがめっきり減り、セミの鳴き声が優勢になりつつあります。

 

あと一月もしないうちに秋の渡りも始まりますが、

それまでは、避暑を兼ねて幼鳥中心に遊んでもらうことになるでしょう。

 

ウグイスの幼鳥

image13269

ヤブサメ

image13270

image13271

キビタキのメス

image13277

オオルリの幼鳥

image13280

夏季には初めて見たホオアカ

image13272

image13273

image13274

image13275

こちらも夏季には初めて見たオオタカ

image13276

カワミドリ

image13279

フジバカマも咲き始め、花の世界でも秋が近いことを知らせてくれます。

image13278

広告
  1. #1 投稿者: wakasahs15th (2016年7月22日 - 21:53)

    こんばんは(●^o^●)
    朝夕が15度ですか!涼しい所なんですね(^^♪大阪はクマゼミの大合唱に小鳥たちの囀りは負けてしまっています。秋近し!は当地では全く感じませんがアカショウビンさんの画像を拝見すると秋を感じます。幼鳥はどれもが可愛いですね(^^♪ホオアカの縦長の画像には感動です(^^♪秋の七草が季節の移り変わりを教えてくれますね(^_-)-☆

    • #2 投稿者: アカショウビン (2016年7月24日 - 20:09)

      wakasahs15thさん、こんばんは♪
      今年は例年より気温が低めですね。
      お山の中だと、日中でも25度くらいで快適ですよ(^^)v
      クマゼミはとても大きな鳴き声のようですね。
      こちらでは朝夕はヒグラシが鳴き日中はアブラゼミが鳴いています。
      もう少しすればミンミンゼミやツツツクボウシが鳴き始めるでしょう。
      関係ないですが、今日はクマゼミならぬ、本物の熊に遭遇しました(^^;

      • #3 投稿者: wakasahs15th (2016年7月24日 - 20:44)

        えっ熊と遭遇\(◎o◎)/!こうしてブログをされているから無事だったのですね(^^♪良かったです👏

        • #4 投稿者: アカショウビン (2016年7月29日 - 01:56)

          wakasahs15thさん、こんばんは♪
          車の中から見たので、恐怖感はありませんでした。
          臆病な生き物なので、
          よほどのことがなければ襲われる可能性は低いです。
          家の周辺でも毎年頻繁に目撃情報があるので、
          玄関を開ける時には注意しなきゃね(^^;

  2. #5 投稿者: superkamui (2016年7月22日 - 21:55)

    暑さはこれからですが、自然界では早くも秋に近づきつつありますね。こちらでもすでに囀りが聞かれなくなった種がちらほらいます。日が若干短くなりコスモスも咲き始め、寂しく感じます。

    ウグイスの幼鳥は写真でも初めて見ました!!ほわほわで、可愛いですね(^O^)オオルリ幼鳥のまだら模様も可愛いです。ホント幼鳥は可愛いですね♪ホオアカの分布は不思議に思います。年々変化しているそうですね。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2016年7月24日 - 20:27)

      superkamuiさん、こんばんは♪
      暦の上での秋ももうすぐですが、
      自然の営みは暦通りに進んでいきますね。
      鳥見に出かけようと朝早く起きると、
      意外と外が暗くて拍子抜けしてしまいます。

      ウグイスは巣立ち後しばらくは数羽の群れになっています。
      成鳥ほど隠れないので、観察しやすいですが、
      今回は近すぎて、写真がほとんど撮れませんでした。
      ホオアカは、以前9月頃に見たこともありますし、
      ある程度は繁殖している場所があるのだと思います。
      今回の撮影地のホオアカは、20年以上ぶりとか・・・
      昔はオオジシギやノビタキも繁殖していたそうです。

      • #7 投稿者: superkamui (2016年7月24日 - 21:02)

        オオジシギやノビタキも繁殖していたのですか!驚きです!現在繁殖南限が北上してしまったのは、気候変動によるところが大きいでしょうね。北海道でも、昔は見られなかったツバメ・ヤマガラ・メジロ等の南方系の鳥が近年は増えつつあるそうです。

        • #8 投稿者: アカショウビン (2016年7月24日 - 21:45)

          高原の牧場なので、環境的には北海道に近いと思います。
          繁殖していた当時の状況は知りませんが、
          あまり広い場所ではないので、
          牧草の刈り取りのタイミングなどが影響した可能性があるかもしれません。
          オオジシギが戻ってきたら最高ですね。

  3. #9 投稿者: kakasi24 (2016年7月22日 - 22:13)

    今晩は、お子様満載で良いですね・・・当地は渡りでしか撮れないので、早く戻って欲しいですね。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2016年7月24日 - 20:41)

      kakasi24さん、こんばんは♪
      今年の繁殖期間中は、鳥の姿が極端に少なかったですが、
      ホオジロやカワラヒワなどが沢山見られるようになってきました。
      青や黄色の子は、これから観察しやすくなると思います。
      ただ、お盆を過ぎるともうお別れですね。

  4. #11 投稿者: kanaconnie (2016年7月23日 - 08:10)

    こちらは数日24度くらいでしたがそれでもずいぶん肌寒く感じました。
    15度は寒いです〜(>_<)
    幼鳥…おばさんにはみんなかわいい茶色系の鳥、です(^^;;
    ホオアカの可愛いほっぺも写真で見せてもらわない限りは見つけられないでしょうね。
    (素人はこれだから…と言う皆さんの声が聞こえるようです・笑)
    オオルリはホワホワ頭巾をかぶっているようですね♪

    • #12 投稿者: アカショウビン (2016年7月24日 - 21:04)

      kanaconnieさん、こんばんは♪
      今日のお山は、日中25度でした。
      でも私にとってはやや暑い気が・・・

      ホオアカは西日本ではほとんど繁殖していない鳥ですから、
      その気になって捜さなければ見つからない鳥ですね。
      鳴き声をちゃんと聞けばもちろん分かるのですが、
      数がとても多いホオジロとよく似ているので、
      飛来していることを知らなければ、
      見落としてしまう可能性は大きいですね。
      今年は一度も立ち寄っていなかった場所なので、
      私が最初に見つけたわけではありません。

  5. #13 投稿者: ❤ちえたん (2016年7月24日 - 18:58)

    アカショウビンさん♪ こんばんは^^
    そうそう、昼間は倒れそうになる位暑いのに
    朝晩は意外と涼しいですね。
    モリバヤシは、今営巣中や、巣立ったばかりの雛で賑やかですよね~♪
    前にも書きましたが、今年はオオルリが絶好調です!
    順調に営巣・巣立ちが行われてるようです。
    後は、幼鳥たちが天敵にやられないよう祈るだけです・・・。
    ヤブサメの幼鳥、見た事がないです。
    囀らない時のヤブサメって見つけ難いでしょうね^^;
    ホオアカは、あの頬紅があるせいか
    愛嬌があって可愛く見えますね^^一度見てみたい鳥さんです^^

    • #14 投稿者: アカショウビン (2016年7月24日 - 21:31)

      ❤ちえたんさん、こんばんは♪
      本来は一番暑さを感じる時期ですが、
      例年より2~3度気温が低いですね。
      それでも、体がかなりばて気味なので、
      早く涼しくなってほしいですね。
      オオルリが絶好調ですか?
      私のところは、今季は数が少ない気がしますね。
      繁殖場所がいつもとは、ずれているだけかもしれません。
      今年やや多いかな?と感じたのはコルリくらいです。

      ヤブサメは一節囀ってから出てきたので、成鳥だと思います。
      監察しにくい鳥ですが、行動範囲はあまり広くないので、
      粘ればそれなりにチャンスはあります。
      ホオアカは冬に山越えをすれば、きっと見られるはずですよ!

  6. #15 投稿者: agehamodoki (2016年7月26日 - 10:12)

    コンニチハ、今日は生憎の雨となっています。
    最近過ごしやすかったのは高気圧が、北の高気圧だからだそうですね。
    そして繁殖の季節も終盤、渡りの季節が楽しみです。
    ヤブサメの尻尾はなぜあんなに短いのでしょう?
    オオルリの幼鳥の瞳が澄んでいて気持ち良いです。
    人も子供の頃は目が澄んでいるんですが・・・
    ホオアカはこちらでも標高の高い草原へ行けば繁殖しているようです。
    と言ってご近所にはありません。
    ちなみに西へ向かったドライブではアカショウビンさんのご親戚には会えませんでした。
    コノハズクの赤色型3羽が遊んでくれました。

    • #16 投稿者: アカショウビン (2016年7月28日 - 19:49)

      agehamodokiさん、こんばんは♪
      このまま猛暑にならず、秋になってくれるとありがたいものです。
      夏のお楽しみはもうほとんど終わってしまったので、
      秋の渡りに期待したいですね。
      ヤブサメはあの体型で、しかもなかなか姿を見せない鳥なのに、
      渡り鳥というのは不思議な気がします。
      ホオアカの繁殖場所はそれなりにあるのでしょうね。
      隣県では海の近くで繁殖しいる場所もありますから、
      固定概念にとらわれずに、探さなくてはいけないのかもしれません。
      今年のコノハは3羽もですか・・・
      もう少し近ければよいのですが、
      今の勤務状況では、当分行けそうにありません。

  7. #17 投稿者: koyuki (2016年7月27日 - 09:57)

    こんにちは!今日は20℃未満で盛夏のはずが冷夏です。
    お盆になると秋風の吹くkoyuki地方ですが今年はどんなかな~?
    お天気が悪いと腰が重く?もともと重い(笑)
    今でしょ!とばかり山に目が向いている日々です^^;
    ホオアカの天に向かって仲間かアカショウビンさんにアピールしてるようなポーズ
    ナイスですね!可愛いさと愛しさが伝わってきます♪
    先日写真家叶内拓哉さんと一緒に野鳥観察と講演会があり
    久しぶりに野鳥を目で追いかけて来ました。

    • #18 投稿者: アカショウビン (2016年7月28日 - 19:59)

      koyukiさん、こんばんは♪
      あらまぁ・・・20度未満ですか(@@;
      あまり続くと、農作物にも影響が出そうですね。
      こちらは暑すぎず、寒暖差も大きいので、
      美味しいお米が収穫できることでしょう。
      昨年は5月に初めてホオアカの囀りを聞いたので期待したのですが、
      結局どこかへ渡ってしまいました。
      まさか今年も囀りを聞くチャンスがあるとは思いませんでしたが、
      高原とはいえ、日陰のない場所では暑すぎて長居はできませんでした。

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。