冬らしい鳥さん増加中?

今シーズンは、昨年同様小鳥が少なめですが、

まだ越冬場所が定まらないのか、一週間も経つと観察できる種類がガラッと変わるので、

まだ色々な鳥さんに会えそうな期待感が持てる感じです。

 

マヒワ

image13712

image13713

image13714

image13716

image13717

image13718

アトリ

image13715

ツミ

image13719

キジバト

image13668

ミヤマホオジロ

image13613

image13615

ジョウビタキ

image13614

モズ

image13617

ツグミ

image13635

ルリビタキ

image13630

シメ

image13663

シラガホオジロ

image13665

image13664

image13666

image13667

ホシムクドリ

image13669

image13670

カワセミ

image13636

image13638

ホオアカ

image13639

サンカノゴイ

image13641

image13642

image13643

image13644

image13645

こちらは別個体です

image13632

セッカ

image13640

トモエガモ

image13631

タゲリ

image13633

セグロセキレイ

image13629

タヒバリ

image13616

image13661

ノスリ

image13634

ハヤブサ

image13680

シロチドリ

image13618

image13619

image13620

image13621

image13624

image13628

ダイゼン

image13622

image13623

image13625

image13626

トウネン

image13660

アカツクシガモ

image13646

image13647

image13648

image13649

image13650

ナベヅル

越冬中と思われる15羽の群れです。

以前我が家の上空を通過したのが14羽ですから、同じ群れの可能性が非常に高いでしょう。

本州唯一の定期越冬地でも、近年これだけの群れは飛来しなくなっていますから、

本当に嬉しいことです。

今年は鹿児島県の集団越冬地で、鳥インフルエンザでナベヅルが死んでいるので、

感染症による絶滅のリスクを少しでも軽減するためには、

越冬地の分散化というのは非常に重要なことです。

image13700

白いマガモ

image13651

白いハクセキレイ

春に見た個体とは違って真っ白ですが、

これまでに他の方が撮影した写真などから考えると、

その時の子供ではなく、換羽により黒い部分が無くなった同じ個体の可能性が高そうです。

image13652

image13653

image13654

image13655

image13656

image13657

image13658

マガン、

image13678

コハクチョウ

image13637

image13677

アメリカコハクチョウ

image13689

オオハクチョウ

image13690

 

ジャンボハクチョウ?

現在日本で航行する唯一の飛行船だそうです。

飛行船を見るのはずいぶんと久しぶりでした

野鳥への影響が発生したため、飛行ルートが少し変更されたようですが、

それでも完全には回避できなかったようです。

image13659

最初は飛行船の近くにいたのですが、鳥と一緒に写したかったので、

あえて飛行船から遠く離れて撮影する道を選びました。

 

お化けおまけ

我が家で収穫した原木椎茸です(^^ゞ

小さい方が約10cmで、このサイズでもなかなか普通のスーパでは手に入りにくいでしょう。

大きい方は約20cm、ここまで大きくなっても傘が開いてないのは珍しいかな?

フライパンがいっぱいになるほどの巨大椎茸は、蒸し焼きで美味しく頂きました(^q^)

image13662

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。