春爛漫

桜の開花の便りもあちらこちらから聞こえてきますが、

我が家ではようやく梅が咲き始めたばかりです。

 

そんな中、春らしい鳥さんが立ち寄ってくれました。

ヤツガシラです。

image13921

image13924

image13923

image13922

image13925

image13926

image13927

でも、その写真撮影を楽しむ前に、何気なく撮影した写真が、

後からとんでもないものだったと気が付きました。

小枝にとまっていた、2羽の小鳥ですが、どうせビンズイか何かだろうとしか思っていませんでした。

 

でも帰って良く見るとなんか変?もう一度見てもやっぱり変???

そう、前々回のブログでマキバタヒバリと同定した鳥と同じじゃないですか!!!

しかも後趾の爪が異常に長いです。この長さもマキバタヒバリと同定する根拠になります。

image13918

国内での観察記録は、これまで何例かありますが、同時に2羽というのは初めてかもしれませんね。

この後、前回私が撮影した田んぼの方向へ飛んでいきました。

少なくとも1平方キロメートル程度の範囲で行動していると思うので、

2度もノートリで至近距離からの撮影ができたことは、奇跡といえるでしょう。

田植えのための準備も進み始めているので、そろそろ旅立ちも近いでしょう。

image13919

 

後は、冬の名残の鳥さんです。

 

亡霊のようなサンカノゴイ

観察が困難な鳥だけに、退去時期も良く分かりませんが、

これまで私か観察した中では、最も遅い様に思います。

一応記録の意味で写真を残しておきたいと思います。

image13910

ケアシノスリ

最近はいつも遠い場所で見かけます。

早朝から観察すれば、もっと良い写真が撮れるでしょうが、

食後で満腹なのか、待っても動きがありませんでした。

image13914

オオジュリン

夏羽になってきました。

真冬より数が増えた気もするので、通過個体かも知れません。

image13916

image13913

シベリアジュリン

こちらも夏羽に近いですね。

image13912

image13911

ジョウビタキ

image13917

カシラダカ

image13920

シメ

image13909

オオハム

image13929

 

PS

私の体調についていろいろご心配をかけました。

おかげさまで、以前に比べればかなり改善してきたように思います。

まだまだ波があったり問題もありますが、日々薬を微調整するなどして、

少しコントロールもできるようになってきました。

半年近く寝たきりに近い状態だったので、体力は完全に衰えてしまいました。

今はストレッチを中心に、リハビリのまね事をしているところです。

これからは、鳥見などをしながら歩き回る機会も増えてくると思います。

まずは、体力を普通の状態に戻すことに努めたいと思っています。

皆様にはたくさんの励ましをいただき、ありがとうございました。

 

おまけ

あえて望遠で撮りませんでしたが、

この日の早朝、天使のウインクが観られました。

天使のウインクとは私が勝手に付けた名前ですが、

長年プログをご覧になっている方は、何が写っているのかわかりますよね(^^)

image13930

広告
  1. #1 投稿者: wakasahs15th (2017年3月27日 - 20:12)

    こんばんは(●^o^●)
    お久しぶりです(^^♪ ここに登場する小鳥達は海外のバーダーさんの投稿のような気分になります。面白い形相のヤツガシラ、アオジかな?と思ったらマキバタヒバリ、ホントに亡霊だ!サンカノゴイ、下段になるにつれ少し判りました(^^♪天使のウインクは素敵な命名ですね~~~。少し見える三日月がウインクしてくれているのでしょうか?
    体調の方が良くなられつつあって嬉しい限りです(^^♪これからも無理はされずに撮り鳥を楽しまれ私も楽しませて下さいね(^^♪

    • #2 投稿者: アカショウビン (2017年3月30日 - 18:14)

      wakasahs15thさん、こんばんは♪
      ヤツガシラもマキバタヒバリも、ヨーロッパが本場の鳥なので、
      海外の雰囲気がするかもしれませんね(^^)
      特にヤツガシラは、日本では他に近い種類の鳥が全くないので、
      特別感があります。
      天使のウインクはその通りで月ですね。
      月齢が27くらいなので三日月の反対ですが、
      細い月は満月よりもインパクトがあるような気がしています。
      体調のご心配ありがとうございます。
      来月くらいから、段階的に仕事復帰を考えているところです。

  2. #3 投稿者: abend (2017年3月27日 - 22:06)

    こんばんは。
    ヤツガシラ くちばしでつつかれたら痛そうと思いつつも欲しいです(笑)
    天使のウインク 良い事があるような素敵な名前です^^
    体調が戻ってきたのなら 嬉しいですよね。
    春先の寒暖差がありますから、留意して復帰してくださいね^^

    • #4 投稿者: アカショウビン (2017年3月30日 - 18:20)

      abendさん、こんばんは♪
      ヤツガシラの嘴は鋭いですね。
      ただ、それほど力強くつついているようには見えないので、
      肩に乗せて、ツボ押ししてもらったら、
      気持ち良いくらいかもしれませんね(笑)
      冬中、ほとんど家に閉じこもっていたので、
      寒さにはめっきり弱くなりました。
      風邪をひかないように気を付けます。

  3. #5 投稿者: kakasi24 (2017年3月27日 - 23:20)

    今晩は、関西は強いですね・・関東上の方にも一度飛来していたようです。

    • #6 投稿者: アカショウビン (2017年3月30日 - 18:23)

      kakasi24さん、こんばんは♪
      やっちゃんは、渡りのルートになっているので、
      タイミングさえ合えば毎年見ることができます。
      でも、今回はかなり久しぶりでした。
      一度に7羽なんてこともあるのですよ!!

  4. #7 投稿者: superkamui (2017年3月28日 - 13:39)

    アカショウビンさん、お久しぶりです!復活しつつあるようで、何よりです。「1回見たら忘れない鳥」として有名なヤツガシラですね!!私はもちろん見たことがありませんが、北海道では天売島という離島がチャンスのようです。私もいつかはお目にかかってみたいものです(^^)マキバタヒバリは初耳です。素朴なかわいらしさの、玄人好みの鳥さんですね♪オオジュリン雄の頭が黒くなってきましたね。あと二週間もすれば、こちらに真っ黒な状態で到着することでしょう。楽しみにしています。私もここしばらくブログをお休みしていますが、アカショウビンさんのブログにはまた訪問させて頂きます。よろしくお願いします(^^)

    • #8 投稿者: アカショウビン (2017年3月30日 - 18:33)

      superkamuiさん、こんばんは♪
      ヤツガシラは個性的ですから、何回見ても嬉しいものです。
      内陸に飛来することもありますが、
      海岸沿いの方が圧倒的にチャンスは多いと思います。
      とにかく滞在期間が短いですから、
      毎週のように通っていても、運がないと全然だめですね。
      マキバタヒバリは6年前に京都に出たときに、
      初めてその名を知りました。
      まさか生きているうちに会える鳥だとは夢にも思いませんでした。
      この冬は雪が多くて大変だったでしょうね。
      夏鳥がやってきたら思う存分楽しんでください!

  5. #9 投稿者: agehamodoki (2017年3月30日 - 16:00)

    ご無沙汰しています。
    体調がよくなって来たと言うのが何よりです。
    体調イマイチが続く私が言うから実感がこもっているでしょ(笑)
    トップ画像はヤツガシラですね。久しく見ていません。
    淀川沿いは渡りのコースになっている断定しているのですが・・・
    あの冠羽を広げたところを見てみたいです。
    マキバタヒバリ同定、大したもんです。
    何年か前に京都の干拓地にやって来て大騒ぎになったことがありました。
    と言っても足の爪の長さが分るような距離で撮ることができませんでしたが。
    ただ時期的には同じで全体の色調は同じだったように思います。
    当地のケアシはまだ頑張ってましたか?
    冬にはおじゃまさせていただきました。
    あの辺りはホントに良い探鳥地ですね。

    • #10 投稿者: アカショウビン (2017年3月30日 - 18:48)

      agehamodoki さん、こんばんは♪
      体調が悪くならないと、
      なかなか健康のありがたさを実感できないものですね。
      半年近く苦しみ続けましたが、ようやく春の気配です。
      モドキさんの病気もなかなか大変そうです。
      早くスッキリすると良いですね(^^)
      私もヤツガシラはずいぶん久しぶりでした。
      毎週通ってもダメなときはダメなもので、
      今回ようやく見た個体も、既に今年の3羽目だそうです。
      マキバタヒバリの一度目の観察は、
      爪が見えなかってので同定に不安がありましたが、
      今回の写真で100%間違いないと自信が持てました。
      独りで観察できたことも良かったです。
      地味で小さいですから、
      大半は発見されずにひっそりと越冬しているのでしょうね。
      今年は体調が悪くお会いできませんでしたが、
      また来年シーズン以降にお会いしましょう(^^)/

  6. #11 投稿者: koyuki (2017年4月4日 - 12:15)

    開かずの間がやっと開いて嬉しいです。
    憧れのヤツガシラ良いですね~!
    それにもましてマキバタヒバリの同定、豊富な知識の賜物ですね。
    可愛い鳥ですね♪
    同定もさながら見つけるのも難しいでしょう。
    私はいまだにトウネンとミユビの区別が出来ないで
    足踏みしてます(泣)

    • #12 投稿者: アカショウビン (2017年4月11日 - 21:16)

      koyukiさん、こんばんは♪
      怖~い開かずの間にようこそ(^m^)
      ヤツガシラはずいぶんと久しぶりでした。
      昨日まで居ましたというのを、何度聞いたことか・・・
      マキバタヒバリの何百倍も会える可能性は高いはずなのに、
      不思議なものですね。
      マキバの同定は、図鑑とのにらめっこでした。
      最初は半信半疑でしたが、
      一つ一つの特徴がことごとく合致するので、驚きでしたが、
      どんな珍鳥も普通の鳥の一羽にすぎないと思います。
      人々が群がることもなく、安心して越冬できたことでしょう。
      トウネンとミユビですか・・・
      指の数を数えるのが一番確実かな?(笑)

コメントを残す(初めてコメントを残された方は、管理者の承認の後に表示されます)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。